• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

朝、草葉に置いた露。はかない人生のたとえに用いる。

「―に異ならぬ世を」〈・夕顔〉