• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

朝秦暮楚の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

ふらふらして住所が定まらず、流浪するたとえ。朝には中国の西部にある秦にいて、暮れには南部にある楚にいるということから。また、朝には秦国に頼り、暮れには楚国に頼るという、主義・主張が一定でないたとえの意味に使われることもある。▽「暮楚朝秦ぼそちょうしん」ともいう。
出典
晁補之ちょうほし「北渚亭賦ほくしょていのふ
句例
朝秦暮楚の生活
goo辞書からアプリ誕生!文章作成×辞書検索 idraft by goo

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。