• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 普通より体が軽くて小さい猿。また、樹上で身軽に飛び回る猿、木の葉の間に見え隠れする猿の意とする説もある。

    1. 「三笠の山に住まひする―をも誘ふなる」〈謡・嵐山

  1. 木の葉の落ちるのを、猿が身軽に飛ぶさまにたとえていう。

    1. 「風ふけば空に群るや―/易利」〈玉海集〉

  1. 郷土玩具の一。熊本県玉名郡玉東町木葉で作る素焼きの猿。