マタタビ科の落葉性の蔓植物 (つるしょくぶつ) 。山地に自生。葉は広卵形で互生し、上部についた葉は白変する。夏、梅に似た白い花を下向きにつけ、なつうめともいう。実は長楕円形で先がとがり、黄色に熟す。実を塩漬けや果実酒に用い、漢方では実の虫こぶを鎮痛薬にする。また、猫が好み、特有の興奮をもたらすマタタビラクトンを含有。同じ科にはサルナシキウイフルーツなども含まれる。 花=夏 実=秋》「―や花散る岩のたまり水/麦南」

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

[秋/植物]の季語