• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

江戸時代、歌舞伎劇場で新狂言の出る前日などに、木戸口の台の上で狂言の名題・役割を読み上げたり、役者の声色などを使ったりして景気をあおり、客を集めた芸人。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉