• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

民謡の一つで、安政(1854~1860)ごろ、木更津出身の落語家木更津亭柳勢が寄席で歌い広めたもの。船頭たちの船唄 (ふなうた) がもとといわれる。