• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

グラフ理論における、データ構造による分類の一。ある要素(親ノード)を起点とし、複数の要素(子ノード)に枝分かれして樹木のように広がっていく構造。親に対して子が1対多の階層構造をなし、末端の子ノードをもたない要素を葉ノードとよぶ。また、子ノードの数が2個の場合は二分木、3個以上の場合は多分木n個に制限されている場合はn分木という。ツリー構造。