• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

色や木目の違う木材や象牙・竹などの細片を木地と同じ高さに象眼して図柄や文様を表したもので、主として中国の漢代から唐代、日本の奈良時代につくられたものをいう。もくえ。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉