• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名]木綿 (ゆう) をたたむこと。また、たたんだもの。神事に用いる。
    1. 「―手に取り持ちてかくだにも我 (あれ) は祈 (こ) ひなむ君に逢はじかも」〈・三八〇〉

[枕]を神に手向 (たむ) ける意で、「たむけ」に、また「た」を含む地名「たなかみ」にかかる。
    1. 「―手向の山を今日 (けふ) 越えて」〈・一〇一七〉