• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土偶の一種。縄文時代の後期から晩期にかけて主に関東地方でつくられたもの。刻み目を施した隆帯で輪郭を縁取り、円盤で両目と口を表現した顔が、みみずくの顔に似ることからこう呼ばれる。埼玉県さいたま市岩槻区の真福寺 (しんぷくじ) 貝塚で出土したものが有名。