トクサ科の常緑、多年生のシダ。山間の川辺などに生え、高さ0.6~1メートル。地下茎は横にはう。地上茎は直立し、枝分かれせず、節部に黒い鞘 (さや) 状の葉をもつ。夏、茎の頂に短い楕円状の胞子嚢 (ほうしのう) の穂をつける。茎に多量の珪酸 (けいさん) を含むので硬くざらついており、物を磨くのに使用。観賞用にもする。 秋》「谷水を踏まへて刈りし―かな/虚子

謡曲。四番目物世阿弥作と伝える。都の僧が、父を尋ねたいという少年松若を連れてその故郷信濃へ下り、木賊を刈っている老いた父を見つける。