• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 葬儀費に充てる目的で、平生から各人が金銭を出し合う講。葬儀の際には、講中の一人が大きな木魚にひもをつけて首からかけて打ち鳴らし、大勢の講中がこれに合わせて念仏を唱え野辺送りをした。

  1. 妊娠していること。

    1. 「―になったのでお袋が怒り出し」〈伎・上野初花