1. 読経のときにたたいて鳴らす木製の仏具。丸くて中空で、表に魚鱗 (ぎょりん) を彫刻してある。布などで先端を包んだ棒で打つ。

  1. 禅寺で庫裏 (くり) につるし、食事時に打ち鳴らした魚形の木の板。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉