• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意

[補説]作品名別項。→未必の故意

安部公房による戯曲。昭和46年(1971)9月、俳優座劇場にて初演、同年刊行。著者自身の脚本により制作された昭和39年(1964)のテレビドラマ「目撃者」を舞台化したもの。第22回芸術選奨文部大臣賞(文学・評論部門)受賞。