• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

低出生体重児網膜にもろくて弱い新生血管が生じることによって起こる疾患。自然治癒することが多いが、網膜に瘢痕 (はんこん) ができ、重症になると網膜剝離を起こす場合がある。妊娠32週未満で出生した極低出生体重児に多く発症する。未熟網膜症。ROP(Retinopathy of prematurity)。