• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

出産予定日より早く生まれた子。胎外での生活力が弱く、保育器を利用する。一般に、出生時の体重が2500グラム未満をいい、1500グラム未満を極小 (ごくしょう) 未熟児(極低出生体重児)、1000グラム未満を超未熟児(超低出生体重児)ともいう。→低出生体重児

[医学/医学の言葉]カテゴリの言葉