《花が茎の末の方から咲きはじめるのを順次摘み取るところから》ベニバナの別名。 夏》「わが恋は―の莟かな/子規

源氏物語第6巻の巻名。光源氏、18歳から19歳。源氏は常陸宮 (ひたちのみや) の娘末摘花と契りを結び、翌朝大きな赤鼻の醜女だったことを知る。
源氏物語の登場人物。常陸宮の娘。容貌は醜いが、古風で実直な性格をもつ。

出典:青空文庫