草木がうら枯れること。また、その寂しいようす。 秋》「―や諸勧化出さぬ小制札/一茶

「そこいらは、―の、どこか貧しい、色のさめたような感じのするところだ」〈万太郎末枯

[補説]書名別項。→末枯

出典:青空文庫