• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

末法末世の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

時代がくだり、仏教が衰え、道徳が乱れた末の世のこと。▽「末法」は釈迦しゃかの入滅にゅうめつ後、正法しょうぼう(五百年間)、像法ぞうぼう(千年間)に続くその後の一万年のこと。末法の世には仏法が衰えて、救いがたい世の中になるという。「末世」は仏法のすたれた世、末法の世の意。
句例
末法末世の世相
用例
今の世は末法中の末法末世、諸宗の与える薬法療法ぐらいでは、いかんともしがたい。<唐木順三・応仁四話>

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。