• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代の仏教書。1巻。延暦20年(801)最澄著と伝えるが疑わしい。末法には無戒名の僧こそが世の灯として尊ばれねばならないと主張したもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉