• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

由起しげ子の短編小説。義兄の遺した蔵書を、遺言どおり寄贈するか売却するか悩む童話作家の姿を描く。昭和24年(1949)発表。同年、第21回芥川賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉