• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

菩薩 (ぼさつ) 本地とし、を衆生救済のための垂迹とする説。法華経大日経に基づいて説かれたもの。日本では、平安時代から各地の神社の本地仏が確定し、神仏習合が進められたが、明治の神仏分離により衰退。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉