• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

本地垂迹の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

日本の神は、インドの仏や菩薩ぼさつ本体が人を救うため、神の姿を借りて現れたということ。また、そのように仏教と神道とを融合させた考え方を指す場合もある。▽仏教語。「本地」は仏・菩薩の本来の姿のこと。「垂迹」は仏が借りたいろいろな神の意。「地」は「じ」とも読む。
句例
本地垂迹説
用例
ただ気をつけて頂きたいのは、本地ほんじ垂迹の教おしえの事です。<芥川竜之介・神々の微笑>
類語
神仏混交しんぶつこんこう
対義語
神仏分離しんぶつぶんり

本地垂迹の解説 - 学研 四字熟語辞典

仏や菩薩が衆生しゅじょうを救済するために、神の姿を借りてこの世に現れること。
注記
仏教のことばで、「本地」は、仏や菩薩の本来の姿のこと。「垂迹」は、迹あとを垂れる意で、仏や菩薩が衆生済度のためにいろいろな姿を借りて現れること。日本の神は仏や菩薩の仮の姿であるとして、神仏融合を図る考え方。「本地」は、「ほんじ」とも読む。また「垂迹」は、「すいしゃく」とも読む。
類語
神仏混淆しんぶつこんこう

本地垂迹の解説 - 小学館 大辞泉

本地としての仏・菩薩 (ぼさつ) と、垂迹としての神。→本地垂迹説

キーワード[宗教・神仏]の四字熟語

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。