1. 菩薩 (ぼさつ) が人々を救うために神の姿となって現れた垂迹 (すいじゃく) 身に対して、その本来の仏・菩薩。本地仏。

  1. 本来の姿。本体。

    1. 「人はまことあり。―尋ねたるこそ、心ばへをかしけれ」〈堤・虫めづる姫君

  1. 本性。本心。

    1. 「酔ひても―忘れずとて」〈伽・酒呑童子

  1. 漆器の下地で最も堅牢なもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫