• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

光触媒作用の一つ。白金の電極と酸化チタンの電極を電気抵抗で接続し、両電極を電解質溶液に浸して酸化チタン極に光を照射すると、水が電気分解されて酸素が発生し、白金電極から水素が発生する。1972年、本多健一、藤嶋昭が発見。

[物理・化学/物理・化学の言葉]カテゴリの言葉