《「ほんい」の撥音の無表記》本来の望み。本当の考え。

「かの世にても、いま一度あひ見むと思ふ―侍れば」〈宇津保・忠こそ〉

出典:青空文庫

出典:gooニュース