連声 (れんじょう) で「ほんぬ」とも》仏語。

  1. 本来的な存在。初めから有ること。

  1. 四有 (しう) の一。生まれてから死ぬまでの身。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫