• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

荒俣宏の著作。副題は「震えて眠る子らのために」。昭和60年(1985)刊。古代神話、浄瑠璃、読本など古典文学にも遡りつつ、日本の幻想文学の系譜を読み解く。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉