1. 木の根もとの部分。⇔末木 (うらき) 

    1. 「その伽羅に―と末木との二つありて」〈鴎外・興津弥五右衛門の遺書〉

  1. 作品などを構想する中心となる材料。

    1. 「昔物語などの、一興ある事を、―にとりなして事をする」〈習道書〉

  1. 以前に関係のあった者。前夫・前妻や前に情交のあった者など。

    1. 「―を捨つる心にもあらで」〈人・辰巳園・初〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫