• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木がまばらに生えていること。一説に、根元に花も葉もないこと。

「宮城野の―の小萩露を重み風を待つごと君をこそ待て」〈古今・恋四〉