1. 家屋の畳の大きさで、本式とされるもの。地方により異なる。

  1. 邦楽で、基本的なリズム。

  1. 謡曲で、文句の第1音が第1拍の半拍前からうたいだされるもの。

  1. 江戸吉原で、座敷持ちの遊女がふだんいる部屋。

    1. 「―へ入ってお休みなんし」〈洒・錦之裏

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

出典:青空文庫