中国、南宋の朱熹が大成した新しい儒学理気説を基本に、人の本性は理であり善であるが、気質の清濁により聖と凡の別があるとし、敬を忘れず行を慎んで外界の事物の理を窮めて知を磨き、人格・学問を完成する実践道徳を唱えた。日本では江戸幕府から官学として保護された。程朱学。宋学。道学。朱学。

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉

出典:青空文庫