• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 朱で線を引くこと。また、その線。

  1. 江戸時代、江戸の府内と府外とを地図に朱線を引いて区別したもの。

  1. 漢籍を読む際に、国名・地名・人名・書名などを普通名詞と区別するため、字の左右や中央に朱線を引くこと。また、その線。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉