• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 朱で書くこと。しゅしょ。

  1. 楊弓 (ようきゅう) で、200矢のうち50矢以上100矢まで的に命中すること。また、その射手。命中させた者の名を朱で書いたところからいう。