• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ホオノキの古名。

「我が背子が捧 (ささ) げて持てる―あたかも似るか青き蓋 (きぬがさ) 」〈・四二〇四〉