• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木が腐食して、木目が残ったり浮き上がったりしているように見える文様。ふつう、白地に蘇芳 (すおう) で染めつけ、几帳壁代 (かべしろ) などに用いる。朽ち木文様。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉