• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動ラ五(四)]

  1. 朽ちかかったまま残る。朽ちたまま残る。「―・った老杉 (ろうさん) の幹」

  1. 朽ちないで残る。

    1. 「―・る野田の入江のひとつ橋心細くも身ぞ古 (ふ) りにける」〈夫木・二一〉