杓子定規の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

一定の基準や形式で、すべてを律しようとすること。また、そのために融通がきかないさま。曲がっている杓子の柄を無理に定規の代用とする意から。▽「杓子」は汁や飯などを盛ったりよそったりする道具。古くは柄が曲がっていた。
句例
杓子定規な対応、法を杓子定規に適用する
用例
しかし昔の道を杓子定規にそのまま履んで、それで巧く世が治まるくらいなら、誰も苦労はしないよ。俺たちにとっては、死んだ周公よりも生ける陽虎様ようこさまの方が偉いということになるのさ。<中島敦・弟子>
類語
四角四面しかくしめん
対義語
融通無礙ゆうずうむげ 臨機応変りんきおうへん
活用形
〈―ナ〉

杓子定規の解説 - 学研 四字熟語辞典

一つの見方でしか物事を見ないこと。融通がきかず、頭がかたいこと。石頭。湾曲している杓子の柄を、定規の代わりとして使うことの意。
注記
「杓子」は、ひしゃく。
用例
昔の道を杓子定規にそのまま履んで、それで巧うまく世が治まるくらいなら、誰も苦労はしないよ。〈中島敦・弟子〉
類語
四角四面しかくしめん
対義語
融通無礙ゆうずうむげ

杓子定規の解説 - 小学館 大辞泉

[名・形動]《曲がっている杓子を定規代わりにすること、正しくない定規ではかることの意から》すべてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度。また、そのさま。「杓子定規な考え方」「杓子定規に扱う」

キーワード[融通がきく/きかない]の四字熟語

出典:青空文庫