• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. シャクシガイ科の二枚貝の総称。貝殻は白色、球形でよく膨らみ、後端が柄のように長く伸び、杓子状をしている。沿岸の水深50~200メートルの海底にすむ。

  1. イタヤガイの別名。貝殻に柄をつけて杓子にするのでいう。