1. 杖をつくこと。また、その人。「杖突き姿の老翁」

  1. 鎧 (よろい) の背の受筒 (うけづつ) に差した目じるしの小旗または飾り物。

  1. 江戸幕府で、土地の測量に当たった役人。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉