1. 歩行の助けとして手に持つ竹や木などの棒。「―をつく」

  1. 頼りとするもの。「長兄を―と頼む」

  1. 古代、杖罪 (じょうざい) の罪人を打つ刑具。長さ約1メートルの竹。

  1. 古代の長さの単位。後世の約1丈(約3メートル)に近い。

  1. 中世の田積の単位。1段の5分の1、すなわち72歩。じょう。