• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

昭和19年(1944)12月7日、紀伊半島沖で発生したマグニチュード7.9の地震。東海・近畿地方を襲った。熊野灘沿岸で6~8メートル、遠州灘 (えんしゅうなだ) 沿岸で1~2メートルの津波が発生。紀伊半島東岸では30~40センチメートル地盤が沈下した。死者・行方不明者1223人。→三連動地震

[補説]明応7年(1498)、慶長9年(1605)、宝永4年(1707)、安政元年(1854)にも東海地震南海地震と連動して発生している。