• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 陰陽道 (おんようどう) で、東に向かって行動することが忌まれる状態にあること。

  1. 《運の開ける東がふさがっている意から》不運になること。貧乏になること。

    1. 「払ひさへらちあかず、―になった者」〈浄・女腹切