朝鮮、李朝末に興った新宗教。1860年ごろ崔済愚 (さいせいぐ) が、西学すなわち天主教に対抗するものとして、民間信仰にの三教を折衷して創始。教義は単純で符呪 (ふじゅ) 的であったが、社会不安に動揺する人心に訴えて民衆の間に急速に広まった。甲午 (こうご) 農民戦争の後、天道教と侍天教に分裂した。

[宗教・思想/イスラム教・その他の宗教]カテゴリの言葉

[世界史/東アジア・東南アジア史]カテゴリの言葉