日本原子力発電が茨城県那珂郡東海村に設置した、日本で初めての商業用原子力発電所。昭和41年(1966)7月から平成10年(1998)3月まで31年8か月にわたり営業運転を行った後、廃止措置に入った。→原子力発電所[補説]

[補説]原子炉は、英国で開発されたコールダーホール型原子炉を改良し、耐震性を向上させたもので、出力は16万6000キロワット。昭和53年(1978)に隣接して建設された東海第二発電所は、沸騰水型軽水炉を採用し、出力は110万キロワット。