• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

元禄14年(1701)3月14日、京都から下向した勅使の接待役を命じられていた播磨国(兵庫県)赤穂の藩主、浅野内匠頭 (たくみのかみ) 長矩が江戸城松之廊下で高家吉良上野介 (こうずけのすけ) 義央に斬りつけ傷を負わせた事件。取り押さえられた浅野長矩は田村家にお預けとなり、即日切腹を命じられ浅野家は断絶した。

[補説]この事件と、その後の赤穂義士によるあだ討ちは「忠臣蔵」として脚色上演されて人気を呼び、その後も小説・映画などの題材となった。なぜ浅野が吉良を斬ったか、理由ははっきりしない。浅野からの付け届けがなかったので吉良がいじめたというのは俗説。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉