• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 室町時代に盛行した初春の祝福芸。唱門師 (しょうもんじ) などの専業芸人のほか、村人・町人・侍などが、幕府や諸邸を回って種々の芸能を演じ、祝い言を述べたもの。現在も民俗芸能として九州に残る。

  1. 江戸時代、正月2日(のち3日)の夜、幕府で諸侯を殿中に召して行った謡初 (うたいぞ) めの儀式。町家もこれに倣った。 新年》「音曲や声のはつはな―/重頼

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[新年/行事]の季語