• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

淡路島北端の松帆崎の海岸。明石海峡に臨む景勝地。まつおのうら。[歌枕]

「来ぬ人を―の夕なぎに焼くや藻塩の身もこがれつつ」〈新勅撰・恋三〉

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉

[地理/日本地名/近畿]カテゴリの言葉