屋根と左右両側を白木板で張り、前または前後に簾 (すだれ) を掛けた輿。上皇公卿・僧が遠行に用いた。