• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 寝るときに、頭にする方向を定める。枕の向きによって恋人の夢が見られるとされた。

    1. 「夕さればわが身のみこそ悲しけれいづれの方に―・めむ」〈後撰・恋三〉

  1. 男女が一緒に寝る。共寝する。

    1. 「思ひのままに―・めて語らんものを」〈浮・五人女・三〉

  1. 遊里で、相手の女性を定める。

    1. 「それに―・めんといふを聞きて」〈浮・一代男・五〉